LEESAYA

髙橋銑 Sen Takahashi

髙橋銑(たかはし・せん)は、1992年東京都に生まれ、東京芸術大学美術研究科彫刻専攻を2021年に修了しました。彫刻表現に要する技術を礎に、映像作品やインスタレーション、食用の飴や香油など、様々な素材の持つ特性を最大限活かし、作品制作に意欲的に取り組んでいます。主な展覧会に二羽のウサギ / Between two stools、The 5th Floor(東京、2020年)、Sustainable Sculpture、KOMAGOME SOKO(東京、2020)など。修士課程修了を機に、一層注目を集める若手アーティストです。