LEESAYA

ヌケメ

Don’t Be Evil

ヌケメは1986年岡山県に生まれ、2008年に服飾の専門学校であるエスモード大阪校を卒業後、上京。ファッションや広告業と平行して、テクノロジーを活用した作品制作にも意欲的に取り組んでいます。2012年には文化庁メディア芸術祭にて審査委員会推薦作品に、2014年にはYouFab Global Creative Awards 2014ファイナリストに選ばれました。国内での発表を活発に行う中、昨年開催されたLEESAYAでの個展Glitch Embroideryでは旧作から新作まで幅広いグリッチ刺繍の作品群を展示し、大変ご好評をいただきました。

彼の代表作であるグリッチ刺繍作品は、コンピューターミシン用の刺繍データのバイナリ(2進数化された情報)を書き換え、針の動きに直接グリッチ(Glitch)を起こす作品です。グリッチとは、データや機器の破損そのもの、もしくは、破損しているが再生可能なデータの状態のことを意味します。意図的にデータを破損させ、破損した状態を出力することで見慣れたイメージやロゴは鑑賞者に認識のバグを起こします。

LEESAYAでの2度目の個展となる本展では、従来のグリッチ刺繍の作品群に加え、平面作品へ展開したユニークピースを新たに発表いたします。展覧会タイトルの「Don't Be Evil(邪悪になるな)」はアメリカの企業であるGoogleの企業行動規範のモットーとして創業以来掲げられていた一節です。2018年5月にこの一節は削除され、その代わりとして、親会社Alphabetが「Do the right thing(正しいことをしよう)」という新たな規範を示しました。情報社会の機微に敏感に触れてきたヌケメにとって、現代における正悪やルールに問いを投げかける展覧会になることでしょう。ヌケメの個展Don't Be Evilを是非ともご高覧ください。

ヌケメ

Don’t Be Evil