LEESAYA

ヌケメ

Glitch Embroidery

ヌケメは1986年岡山県に生まれ、2008年に服飾の専門学校であるエスモード大阪校を卒業後、上京。ファッションや広告業と平行して、テクノロジーを活用した作品制作にも意欲的に取り組んでいます。2012年には文化庁メディア芸術祭にて審査委員会推薦作品に、2014年にはYouFab Global Creative Awards 2014ファイナリストに選ばれました。

ファッションブランドや企業、キャラクターとのコラボレーション、広告イメージのディレクション、スタイリング、音楽、執筆など多岐にわたるヌケメの活動と作品制作は、アウトプットの支持体こそファッションアイテムを多く使っていますが、一貫してそれぞれをメディアの一つとして捉え様々な展開を見せています。日々、往来する大量の情報を消化し、実験と実践を繰り返す彼の態度はbot(プログラミングされたタスクや情報処理を自動的に行うアプリケーション、またはプログラムのこと。)のような佇まいさえ感じさせます。膨大に広がるインターネットの世界に輪郭を見出せないように、ヌケメというアーティストは現代の情報の波を静観し、体現するような存在とも言えるでしょう。

今回の展覧会では、ヌケメの代表作でもあるグリッチ刺繍の作品群を発表いたします。コンピューターミシン用の刺繍データのバイナリ(2進数化された情報)を書き換え、針の動きに直接グリッチ(Glitch)を起こす作品です。グリッチとは、データや機器の破損そのもの、もしくは、破損しているが再生可能なデータの状態のことを意味します。意図的にデータを破損させ、破損した状態を出力することで見慣れたイメージやロゴは鑑賞者に認識のバグを起こします。

会場では様々な展開のグリッチ刺繍の受注販売も予定しております。ヌケメの個展Glitch Embroideryを是非ともご高覧ください。

ヌケメ

Glitch Embroidery